エステのシステムとは?

エステサロンによって施術をする際のシステムが異なることがあります。入会して会員になるタイプやチケットを購入するタイプなど様々ですので、気に入ったエステサロンが見つかったら、まずはどのようなシステムなのかを把握しておきましょう。

入会して会員になるタイプ

入会金を払って会員になるというタイプのものです。会員になると特別価格での施術や優先予約が可能になったり、化粧品などの割引特典が付加されたりします。ステイタス面で優れる分、月会費や、年会費などが発生する場合があります。

メリットお得な会員価格、優先予約、化粧品割引などの優待サービスが受けられる
デメリット月会費や年会費などが発生し、コストがかさむ場合もある

チケットタイプ

電車やバスの回数券などのように、エステ1回分のチケットを購入するという方法になります。この方法の特徴は、定められた有効期限内に使用するタイプで、1回分の施術料金が安くなります。

メリット1回当たりのの施術料金が安くなる
デメリット有効期限内に使用する必要がある

フリーパスタイプ

電車の定期券のようなもので、一定期間内に何度でも利用することができるタイプの方法です。期間満了まで何度も利用できますが、それだけに予約がとりにくい場合があります。時間的に余裕があり、柔軟なスケジュールが組める方に向いていると言えるでしょう。

メリット期間満了まで何度もエステサロンを利用できる
デメリット予約がとりにくい場合がある

ビジタータイプ

施術を受けたときに、その分の支払いを済ます方法です。会員ならではの優待サービスを受けることができませんが、自分の都合に合わせてエステサロンに行くことができます。

メリット自分の都合に合わせて行きたいときにエステサロンに行ける
デメリット優待サービスを受けることができない

ホームエステタイプ

器具や製品を購入して、エステで行われているさまざまな施術を自宅で受けることができる。

メリット自分の都合に合わせて好きなときに自宅でエステができる
デメリットプロの技術やサービスが受けられない



>> 人気ランキングをすべて見る