MENU

出産後、授乳しなくなったらそれはキャビテーションには絶好の時期!

キャビテーションを受ける時に気になることはたくさんありますが、特定の女性だけが気にするということもあります。それは、妊娠中や産後に施術はできるのかということ。妊娠中となると、何かと制限や禁止事項があり、あまり自由にできませんよね。これはエステでも同じことなのでしょうか。ここでは、妊娠中、そして産後のキャビテーションが受けられるのかについて述べていきます。

 

妊娠中の施術はやはりNG

キャビテーションの施術をしているサロンの注意事項には、皮膚疾患や糖尿病と並び、妊娠中の施術はできないとあります。キャビテーションは超音波を使って振動を与えるので、それが胎児に影響を及ぼすということでしょうか。ところが、実のところキャビテーションが胎児や母体に悪影響を与えるという例は特に報告されていません。不思議と思われるかもしれませんが、万が一のことを考えた結果です。

 

仮に妊娠中であることを隠してサロンに行ったとしても、お店はその後に起きた不調については責任は取ってくれません。何かあったらいけないし、大事な命なのでキャビテーションは出産後にしておきましょう。もともと赤ちゃんがお腹にいる時には身体は太りやすいため、施術をしても効果は薄いのです。同じ料金でやるならやはり痩せやすい時でないと効率が悪いですよね。

 

産後の施術はOK!

出産後は、身体が痩せやすくなっているためキャビテーションはしても大丈夫です。ただし、時期やサロンによっては制限がかかることがあるので申告をするようにしましょう。また、母乳を上げる時期だとある程度のカロリーは必要になるので、過度に痩せようとするのはあまり良くありません。まだまだホルモンバランスを大事にする時期でもあるので、痩せることと育児を天秤にかけてみましょう。

 

身体自体は、赤ちゃんが入っていた分お肉がたるんだ状態になっているので、施術効果はあるはずです。ある程度自然とお腹は凹むのですが、早くもとの身体に戻したいというのであれば効果は望めます。母乳をもうあげなくていいのに、その分の栄養がお肉にまわった、という時期が一番施術を受けたい時期、そして効果的な時期であると言えます。

 

まとめ

妊娠中は何かと赤ちゃんのことを思って悪い影響が出そうな予感のするものは避けた方が無難です。キャビテーションも振動があるので良いという報告もありません。何が大事か優先順位を考えればわかることですね。妊婦さんが太るのはもはや当たり前のこと。痩せる努力はその後でもできるので、焦らずに行きましょう。そして、産後という痩せやすい時期に思いきり頑張ればその分キャビテーションはこたえれくれます。