MENU

脂肪を柔らかくして、セルライトの悪循環を断ち切ろう!

憎きセルライトを撃退したい時、ダイエットしても他の部分は痩せるのに、凝り固まったこのセルライトだけはなくならないという経験を持っている方は少なくありません。残念なことに、セルライトは自然消滅はしてくれないのです。しかし、そこに救世主がいるとしたら、それはキャビテーションでしょう。固い脂肪にも効くと言われるこの施術方法ですが、ここではその仕組みについてご紹介します。

 

何故セルライトは消えない?

そもそもセルライトとは、脂肪が凝り固まってできてしまったものです。二の腕や足にできやすく、肌はぼこぼこしています。その見た目から、オレンジピールスキンとも言われます。ダイエットをしても消えない理由は、それが血行不良や新陳代謝を悪くしているからです。代謝が悪くなると身体は冷え、冷えがまた新たなセルライトを生むという悪循環が生まれます。体重を落としても固まった脂肪は自分ではどうにも落としづらいのです。

 

キャビテーションは脂肪を柔らかくしてくれる

そんな固い脂肪も、キャビテーションでは柔らかくすることができます。キャビテーションを扱っているサロンでも、セルライトを除去できると宣伝しているところが多くあります。

 

超音波を使って、部位ごとに脂肪細胞に働きかけるので、後はリンパマッサージなどで脂肪を排出できれば効果が見えてきます。家庭用のマシンだとかなり時間がかかってしまうかもしれませんが、サロンだと出力も変えられます。人によってスタッフが調節してくれるので安心です。

 

体重が3ケタなのですが…

キャビテーションマシンは、超音波の周波数が変えられるようになっているものがほとんどです。普通は40khz前後なのですが、体重が3ケタあり、脂肪を一気に落としたいという方は18khzのものに変えることで施術効果が上がります。このように、キャビテーションでは手ごわい脂肪を落とすことに向いています。自然では落ちない脂肪を落としたい場合に活用したいものですね。

 

施術後に出る老廃物の排出方法について

ここで知っておきたいのが、キャビテーションの後に出る老廃物をいかにして体外に出すかということです。ここがしっかりしていないと、いくらセルライトを柔らかくしてもまた固まってしまいます。

 

ですから、サロンに行くならその後のアフターケアにどのようなものがあるかを確認しておきましょう。あるところはハンドマッサージで、あるところはラジオ波で、老廃物をリンパへ送るようになっています。ここがしっかりしているかどうかで効果は変わってくるので、一度ホームページなどでチェックしておきましょう。

 

まとめ

セルライトはダイエットしても落ちないことから、半ばあきらめかけていたという人もいると思います。ですが、普段は当たることのない超音波を使うことでそんな固い脂肪も撃退できるとあれば、試してみる価値はあると思います。美容に関する技術の進歩でキレイが気軽に手に入る今、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。