MENU

身体を温めて、脂肪を分解させやすくしておくことが重要!

キャビテーションを受ける前には、色々としておきたいことがあります。もちろんキャビテーション単体でも効果はあるのですが、それをより発揮してもらうためにできることがあるのです。

 

サロンによってはコースになっているので、自分で別々のサロンで施術するよりかは、セットとしてなっているところに通うのがベストでしょう。以下に、どんな施術がキャビテーション前に向いているのかをまとめました。

 

ヒートマット

その名の通り、温かいマットにすっぽり身体をくるまれているだけの施術が、ヒートマット。なんと5分も経たないうちに汗と一緒に老廃物が流れ出すという即効性のあるものです。身体をこのように温めておけば、キャビテーションで脂肪が分解しやすくなります。

 

ドームサウナ

サウナも身体を温めるのには最適ですね。ドームサウナは、遠赤外線によって汗をかかせます。普段の運動ではなかなかかかない皮膚腺からも汗がかけるので、そこから有害物質皮下脂肪も排出してくれます。これだけでもカロリーを消費するので、キャビテーションと組み合わせることによって効果はUPします。

 

バンデージ

怪我をした時なんかに包帯のように巻くバンデージがありますが、エステサロンで使われるこの用語は、太ももから足首にかけてぐるぐるきつめに帯を巻くことを言います。きつめにバンデージを巻くとどうなるか、足の血液やリンパの流れが一時的に止まります。これでは逆効果では?と思った方、正解です。この後、バンデージを取り除くことによって一気に血液、リンパを流すことでスムーズな流れが確保できるので、わざと止めているのです。

 

ゲルマ入浴

ゲルマ入浴とは、有機ゲルマニウムが入ったお湯に手と足をつけ、皮膚から有機ゲルマニウムを浸透させる方法です。温泉に使っているような感覚で、効果もまさにそれと同じ。冷え症の方に効果があり、疲労回復や肩こりにも効果があります。気持ち良く効果があらわれるのは嬉しいですね。

 

まとめ

このように、キャビテーションを受ける前には身体を温めたり、リンパの流れを事前に良くしておくと効果が飛躍的に上がります。キャビテーションでは、超音波によって脂肪細胞を分解するので、固い脂肪であるセルライトを分解したいのであればうってつけの施術になります。どちらかというとキャビテーションを終えてからのケアを重視していたという方、もし効果がイマイチであれば、キャビテーション前のケアも考えてみてください。