MENU

キャビテーション後のリンパマッサージは痛い!マッサージがあるかどうかエステに確かめよう

キャビテーションをするにあたり、痛くはないのかという疑問を持っている方は多いでしょう。痩せるためにはメスを使う手術や、痩身エステに通う方法がありますが、痛いのなら続けようと思っても憂鬱になってしまいます。ここでは、痛みがないと言われているキャビテーションについて、本当にそうなのかというところをもう少し突っ込んでいきます。

 

施術中の痛みは皆無

痛みが「少ない」ですよとか、「あまり」ないですよという美容系の施術広告は多く見ますが、キャビテーションに限っては、「全く」痛みがありません。施術中は超音波を身体に当てているだけなので、むしろ気持ちいいと感じるくらいです。そのまま眠ってしまう方もいますしね。

 

痛みがないから麻酔ももちろん使いませんし、従来痩せるために注目された脂肪吸引とはまったくの別物と考えた方が良いかもしれません。超音波は人間の耳には聞こえない「音」なので、かゆみやかぶれなどもない安全な方法です。

 

アトピーの方は施術不可

ただし、例外としてアトピー持ちの方は施術をすることができません。超音波は血流を良くしてくれる働きがあるため、かゆみが出ることがあるからです。どうしても受けたいという方は、キャビテーションを受ける前に十分なカウンセリングを行いましょう。

 

施術後の痛みについて

キャビテーションのみを受けた後の痛みはありません。しかし、その後リンパマッサージを受けるのであれば、それは痛みを伴います。キャビテーションを実施しているエステで、それ自体には痛みはないものの、その後のマッサージが痛いのであればよく調べておいた方が良いでしょう。

 

リンパマッサージとは、超音波をあてた脂肪や老廃物を、リンパの流れに沿って押し出すマッサージです。外側から内側へはたらきかけるようにぐいぐいと力を入れるため、痛いと感じる方が多いです。中には気持ちいいと感じる方もいますが…。

 

あまりにも痛かったら痛いとはっきり言うことが必要です。帰宅後にも痛みを引きずることがあるのは少し力加減が合っていない証拠なので、キャビテーションを受ける際にはその後のマッサージの有無についてエステに問い合わせるのがオススメです。

 

まとめ

キャビテーション自体に痛みがないことはわかりましたね。だからこそ画期的痩身方法なのですが、問題はその後リンパマッサージでした。確かにした方が効果的に痩せられるのでしょうけれど、それが嫌だと感じるならば再考した方が良いと思います。エステ側が良いところだけを言うのならば、こちらから色々痛みについて質問した方が良いでしょう。