MENU

跡が残らない痩身方法だから、身体に負担が残らずキレイ!

痩身の施術を受けた後、折角痩せたのにあざややけど、うっ血があっては嫌ですよね。キレイな身体になるのにしばらく施術の跡が消えないのはデメリットです。最近話題の痩身方法のキャビテーションにおいては、あざはできるのでしょうか。先に答えを言ってしまうと、キャビテーション施術においてあざはできません。キャビテーションの仕組みを理解し、何故あざができないかを納得すると安心して施術に臨めるでしょう。

 

何故あざができない?

キャビテーションでは、超音波を使います。身体の痩せさせたい部位に当てるだけなので、あざができないどころか痛みを全く感じないのです。そのため、やけどの跡が残ったり、うっ血してしまうようなことはありません。脂肪細胞のみに働きかけて、それを分解、破壊する方法を取っているので、細胞が復活する確率が少ないのです。その結果、痩せることができます。

 

あざができないことによるメリット

普通、エステなどでうっ血やあざなどができてしまったら、ダウンタイムといって、それらが回復するまで期間を空けなければ次の施術は行われません。美容整形の施術では、赤く腫れてしまったり、軽いやけどをしてしまうケースもあります。それがないキャビテーションなら、ダウンタイムもないので日常での活動を制限されるということがありません。施術の次の予約が入れやすく、身体にも負担がない。これは大変大きなメリットと言えるでしょう。

 

痩身エステに通っていることがバレない

痩せたい部位は人によって様々ですが、お腹周りや二の腕、足などが代表的ではないでしょうか。ダイエットを自己流でしても、そこのお肉だけ何故か取れないという経験をした方もいるかもしれません。そこでエステに行ったは良いものの、夏場に半袖になったら二の腕におかしなあざがあったら、どうしたのかと周りは気になりますよね。痩身エステに通っているということを隠したい方は、キャビテーションがうってつけなのです。跡が残らないので、友人と温泉に行っても全く問題ありません。かなりのダウンタイムがある施術方法では、場合によっては周りの目が気になることもありますが、キャビテーションなら大丈夫です。

 

まとめ

キャビテーションなら、あざができないのでどの痩身エステよりも気軽に通えると思います。痩せるためとはいえ、身体に跡が残るほど負担をかけるのはあまり良くありませんし、ダウンタイムの間は見栄えも悪くなります。そのデメリットがない分、キャビテーションは魅力的なダイエットサポーターだと思います。