MENU

「シリコンヘッド」で検索しよう!施術が受けられるエステやクリニックを探すコツ

キャビテーションの施術を受けるにあたって、何か副作用やデメリットとなることはないのか、これを事前に調べておくことは大変重要です。後で何かあっても自己責任になってしまってからでは遅いからです。メスを使わない脂肪吸引とまで言われる安全性の非常に高いキャビテーションですが、今回は金属アレルギーの方でも施術が可能なのかについて調べてみました。

 

アレルギーを発症する例もあった

キャビテーションがまだ今ほど普及していなかった時には、施術に使用するヘッドの金属により、アレルギーを発症するという事例もありました。その頃の時点で低確率ではあったものの、肌にあざやうっ血、その他トラブルが起きないことが画期的であったために改良がなされました。金属アレルギーの方への対応も、今徐々に見直されています。

 

課題としては、アレルギー持ちの方でも問題なく使用でき、且つ効果を劣らせることがないようにすることです。当時は骨伝導音も大きかったため、改良すべき点がたくさんありました。

 

試行錯誤の末発明されたシリコンヘッド

まず考えられたのは、ヘッドの素材を変えることでした。当時は金属のものしかなかったため、どうしても金属アレルギーの方は手が出せなかったのです。そこで試行錯誤の末にたどり着いたのは、シリコンでした。

 

ゴムやチタン、アルミでは上手くいかず、実験を繰り返して特殊シリコンヘッドが完成しました。金属にも劣らない効果を持ちながら、骨伝導音も小さくできたのです。世界最高水準というのがまた日本らしい技術ですね。当然のことながら、金属ではないのでこれなら金属アレルギーの方でも使えます。

 

今普及しているヘッド

しかしながら、残念なことに今現在普及しているのはまだまだ金属ヘッドの方です。エステの公式ホームページに行ってもヘッドに関する詳細が載っていなければ、直接電話で問い合わせることをお勧めします。また、エステではなくクリニックなら、医師が施術を担当するので、カウンセリングで相談してみるのも良いかもしれません。

 

まとめ

金属アレルギーの方がキャビテーションをできるかというと、エステが使っているヘッドによりけりでしょう。自宅でできるマシンも金属が一般的で、探すとなれば難しいところがあるかもしれません。シリコンヘッドが存在するということはできなくもないのですが、それを採用しているエステ探しが大変でしょう。