MENU

下痢にならない対策法は、施術の1時間前後に食事を取らないこと

キャビテーションは痩身施術の中でも「メスを使わない脂肪吸引」と言われる優秀な施術ですが、副作用があるのならばしっかりと調べてから受けたいものです。身体に傷がつかないのは良いことですが、内臓など身体の中に影響があるのは考えものです。実際に受けてみてからでないと体質等の関係でわからないこともありますが、ここでは実際にキャビテーションの施術を受けた方の声を聞いて、下痢にならないのかという点を調べていきます。

 

食事は施術の1時間前までに済ませる

キャビテーションにはもちろんお金がかかるので、より効果的に受けるためには正しい受け方を知っておく必要があります。そうすることで効率が上がり、同じお値段なのに結果に違いが生まれてきます。逆に、間違った方法で受けると効果は下がります。

 

超音波を当てる関係で、キャビテーションの施術には骨伝導が起こり振動が身体に伝わります。そのため、中には胃に違和感を覚える方もいます。胃腸を大切にするためにも、念のため食事は施術の1時間前までには済ませるのが良いでしょう。また、施術後もすぐに何か食べるのは避けた方が無難です。特に胃腸が敏感で弱いという方は、最初にこのような工夫をしておくと安心です。

 

下痢になることがあっても、すぐに治まる程度

人によっては気を付けていても、一時的に血中中性脂肪値が高くなる関係で下痢になる方がいます。ただ、この下痢はすぐに治まるので心配は要りません。特に体調が悪い日や、お腹の調子が悪い時には施術は受けないようにしておきましょう。施術する部位にもよるかもしれませんので、カウンセリングで自分の体質を伝え、どうするのが一番良いのかを相談してみるのが一番良いでしょう。

 

まとめ

超音波を当てるため、胃腸に負担を感じてしまう方はいます。そのため、誰しもがキャビテーションの施術によって下痢をしないとは言い切れませんでした。ただ、その確率を下げるためには、施術の1時間前後に食事を控えるという対策法があります。大きな副作用ではないものの、気になるのであればまずは相談ですね。