MENU

元は物理用語?ダイエットの意味でのキャビテーションを知りたいなら混同しないように注意

皆さんがダイエットの方法について色々とネットで検索している時、「キャビテーション」と検索すると、なんだか難しそうな解説が見つかったなんてことはありませんでしたか?それもそのはず、実は、キャビテーションという言葉自体は物理用語なのです。

 

ダイエットに使われるキャビテーションは少し言葉の意味が変わってきており、そちらの方が定着しつつあるようですね。その中で、「超音波洗浄」なんて言葉も密接な関係があります。その辺りを少しおさらいしておきましょう。

 

そもそも本来の意味でのキャビテーションとは?

キャビテーションでのダイエットのメカニズムを知ると納得できると思いますが、物理用語でのキャビテーションは、液体の運動によって、気泡を生じる現象を指します。実は、ダイエットでキャビテーションを使うと、脂肪を分解する時にこの方法が使われているのです。だからこれがそのまま名前となってしまったのでしょう。気泡を発生させることによって脂肪細胞を破壊できるのです。

 

超音波洗浄とは?

キャビテーションを調べていると関係してくる超音波洗浄という言葉ですが、これはダイエットにはあまり関係がないかもしれません。どちらかというと、洗浄というくらいですから、汚れを落とす製品の説明として検索されています。

 

キャビテーションに使われている超音波は、人間の耳では聞こえない音で、15〜20khzを超えた音を言います。そのため、耳で聞くという目的はないわけですね。これを利用すれば、洗浄や溶着、液体の分散や発泡などに応用がききます。このうちダイエットの意味でのキャビテーションでは液体の発砲を使っています。

 

まとめ

ダイエット目的でキャビテーションは超音波洗浄を調べるならば、ダイエットというワードも一緒に検索することをオススメします。そうすることで知りたい方の意味が出てくるでしょう。難しい分野まで調べる方はほとんどいませんが、キャビテーションのメカニズムくらいは知っておくと安心して施術が受けられるでしょうね。