MENU

夢の部分痩せが可能に!?キャビテーションで気になる部位を狙い撃ち!

↓↓今すぐキャビテーションがおすすめのサロンランキングベスト3を見る↓↓

 

やせたい

「痩せたい!!」これはちょっとプロポーションに自信がなくなってきた方や、思春期の女の子なら多くが感じたことではないでしょうか。

 

色々ダイエットに良い話はテレビやネットで流れてはいるし、運動が良いことも知っている…。でも、どれも効果がないという場合、どうしたらいいのでしょうか。努力が足りない?体質のせい?

 

そこで今回ご紹介するのは、痩身を目指す女性に知ってほしい「キャビテーション」という方法です。以下に概要とメリット、デメリットを書いたので、どんなものか是非チェックしてみてください。

 

キャビテーションとは?

キャビテーション

そもそもキャビテーションとは、超音波を用いて脂肪を溶かすというダイエット方法のことを指します。皮膚の深部から脂肪を溶かすため、手術のように身体にメスを入れるようなことはしません

 

また、超音波を当てる部位を選択すれば、部分痩せができます。よって、胸の大きさはそのままに、気になる部分のみ痩せられるという画期的方法です。

 

簡単な仕組みとしては、圧力の差によって液体中に気泡が発生するという現象を利用しています。脂肪細胞の中に同じく気泡をつくり、それを破裂させることによって脂肪細胞を内側から破壊していきます。

 

キャビテーションは別名「切らない脂肪吸引」とも言われており、痛みが少なく傷跡が残ることもありません。即効性があるためすぐにスリムになれるのはまるで魔法のようだと表現する人もいます。目に見える効果を発揮してくれるので、始めた人は満足が行く結果になるのです。

 

コツコツ続けなければいけない運動や、常に気を付けておかなければならない食事制限がないのが魅力ですが、できればこれらもプラスしておきたいもの。これらはダイエットに効果があるものの、部分痩せというのはなかなか難しいので、併用することによってより効果を高めることができます。

 

キャビテーションのメリット
部分痩せができる!

部分やせが可能

キャビテーションが人気の理由はメリットが大きいからでしょう。そのうちでも特にこれは良いと思うのは、部分的に痩せることができるところです。

 

お腹周りだけ、二の腕だけなど、気になる部分を落とそうと思うと、全身が痩せてしまったということはありませんか?それだけ運動と食事制限で決まった部分だけの脂肪を落とすのは大変なのです。

 

超音波を当てるだけというシンプルなものですが、だからこそ部位を選択できるのは嬉しいですよね。ちなみに、セルライトなんかも撃退できてしまいますよ!エステティックサロンなどで使用されているマシンなので、近場で調べるなら検索ワードにキャビテーションを入れてみてください。

 

施術中に痛みがない!

施術に痛みが少ない

施術というと何だか言葉に圧力があって、痛みを伴うイメージがありませんか?キャビテーションの良いところは、施術中に痛みが少ないことです。

 

というか、何も感じないのでそのまま眠ってしまう人も多くいます。よって、痛いなら辞めておこうと思った方、これなら痛みの問題は全くありません。脂肪吸引を考えるくらいなら、傷を作らず、且つ痛みもないこちらの方が断然良いと思います。

 

メスを入れないから身体に傷が残らない!

メスなど使用しないから体に傷が残らない

痩せてキレイになるのが目的なのに、折角その魅惑のボディに傷がついたら嫌ではありませんか?
キャビテーションは超音波を当てるだけの施術なので、メスは一切使いません

 

そのため身体への負担はないですし、痛みもありません。脂肪吸引はなかなかグロテスクというか、脂肪そのものをズバリ抜きとるのですから抵抗がある方も多いのですが、キャビテーションなら怖くないという方も大勢います。

 

リバウンドのリスクがほぼない!

リバウンドの可能性が少ない

キャビテーションを検討されている方の中には、リバウンドを恐れている方もいると思います。ところが、一度溶解された細胞がもとに戻ることはほとんどないため、リバウンドはしにくいのです。

 

ただし、気を付けるべきことが1つ。キャビテーションの場合は運動をしてくださいとか、食事はこれにしてくださいなどの制限がありません。その中でやるので、いつもの食事を続けても大丈夫なわけです。

 

となると、食べすぎてはまた別にお肉がついてしまうのは当然ですね。これはリバウンドというよりか、別に脂肪がついたというものでしょう。

 

キャビテーションのデメリット
キャビテーションだけでは痩せない!

キャビテーションだけで痩せようとしない

先ほどにも少し述べましたが、キャビテーションをしているからもう安心!というわけではありません。

 

すぐに痩せたと実感できますし、細胞を破壊してくれるのですが、それにプラスして自分も努力をしなければ痩せません。「一度きりでリバウンドなし!」というのは誤りで、正しくは「破壊した細胞が再生することはほぼなし!」です。

 

もしキャビテーションさえやっていれば痩せるのならば、万人がこれをやっていて今ではダイエット本やテレビ特集はやっていないでしょう。部分痩せダイエットのお供にキャビテーションを取り入れるというのが正しい使い方です。勘違いによってこれは最強だと思わないよう注意しましょう。

 

継続すると値段は高い

継続にはお金がかかる

気になる部分のお値段ですが、体験価格はどこも比較的安いものの、続けるとなるとやはりそれなりにお金は用意しておかなくてはなりません。

 

東京の相場はカウンセリングを含めて60分だとして、1回2〜5万円といったところです。もっと安いコースもありますが、後は値段と技術、通える範囲で決めていくしかないですね。

 

1回だけでは効果は3、4日で消えてしまう

1度だけの施術では効果がすぐになくなってしまう

キャビテーションはお試しで1回くらいなら…と行って、そのまま痩せ続けることができるわけではありません。実は、1回だけなら効果は数日で失われてしまいます

 

そのため、施術前後の2週間は運動が必要だと言われています。継続して受け続けることでやっと痩せている身体になるため、最低でも5回〜10回の施術が必要となります。

 

予算内でどのようなコースを選べばお得か、これは念入りに調べておく必要がありますね。努力次第で痩せるかどうか決まってくるので、あくまで部分ダイエットの強力サポーターだと思うと良いでしょう。

 

まとめ

狙った部分に焦点を当てて痩せることができるのはキャビテーションの良いところですが、エステに行けば痩せられると思っている人にはもったいないかもしれません。それ任せでは効果は持続できないので、一度の効果で一喜一憂せず、やはり自分自身の努力は不可欠となります。

 

ともあれ、脂肪吸引で身体にメスを入れるよりは手軽にダイエットの支えになってくれるものなので、悩んでいる方は是非、お近くのエステを調べてみてはいかがでしょうか。

 

キャビテーションができるおすすめのサロンランキングへ

ダイエット効果だけじゃない!?キャビテーションは血行促進とむくみ改善にも効果アリ!

キャビテーションはダイエットのためという意識が強いかもしれませんが、実はダイエット以外にも色々な効果があります。エステで痩せるだけでなく、他にも良いことがあれば願ったりかなったりですよね。そんなキャビテーションですが、具体的にどんな効果があるのかを見ていきましょう。

 

ダイエットに効果があるのは常識

ダイエットには効果あり

まずはやっぱりダイエットには効果てきめんですよね。病院やクリニックで、「体質です」と言われるほどどうしようもないことはありません。

 

しかし、キャビテーションは太りやすい体質であろうがなかろうが細胞を破壊できない身体付きの人はいないので、万人に効くと言えます。

 

通常のエステで使われる超音波マシンは1〜3khzがほとんどで、表皮組織層に届くものとなっています。しかし、キャビテーションの場合は非常に高周波の18〜40khzとなっています。

 

皮膚の更に奥深くまで到達することがわかります。脂肪細胞を小さくするのではなく、徹底的に脂肪を分解し、破壊するためのマシンです。だからこそ、固まってしまったセルライトにさえ効果が発揮されるのです。

 

血行促進とむくみ改善にも効果アリ!

むくみにも効果あり

キャビテーションの仕組み上、血行促進やむくみを改善することも可能です。施術を受けると脂肪が柔らかくなるため、新陳代謝が良くなるのです。ということは、その分血流がよくなり、疲労回復にも効果が表れるわけです。

 

ここを目的としてエステでキャビテーションを受ける方は少ないでしょうけれど、健康的になるのであればむしろ歓迎でしょう。副作用があるのは考えものですが、思わぬ効果も付いてくるのです。

 

キャビテーション効果を長続きさせるには?

定期的に施術を受けるのが効果的

一回キャビテーションの施術を受けたら、間隔を空けすぎないようにして続けることが大切です。

 

脂肪が柔らかくなっている間に再度することで、また一からやり直しになることを防ぎます。

 

スケジュールを見て、この時間帯なら毎回開いているという時間を作れると良いですね。

 

まとめ

どうせ同じお値段で同じ施術を受けるのなら、効率的に効果が出る方法が良いはず。となれば、一番重要なのは間隔を空けすぎないことです。それによってダイエットという目的が果たせるようになり、嬉しい追加の効果も得られます。

あの苦しいダイエットから解放される!?脂肪細胞を分解するのに定評があるキャビテーションのメカニズムを徹底解剖

キャビテーションには副作用がある?

キャビテーションをダイエットのメシアとして受け入れたいと思っている方もいますが、知らないものにいきなり手を出すのは抵抗がありますよね。もしかしたら危険かもしれませんし、効果があれど身体には副作用があるかもしれません。

 

そこで、ここではキャビテーションのメカニズムがどうなっているかに焦点を置いてみました。仕組みがわかれば安心!噛み砕いた説明になりますが、ご参考までにどうぞ。

 

体内の脂肪分解の仕組み

まずは、体内の脂肪分解の仕組みを理解しておきましょう。これでキャビテーションでの脂肪分解の仕組みと比べやすくなります。

 

基本的に、体内に蓄積されてしまった脂肪分は普通の生活ではなかなか使用されません

 

通常、エネルギーを使おうという時、身体は肝臓や筋肉などに含まれる糖分を分解してエネルギーを作ります。

 

そして、この糖分がなくなったら、やっと次にエネルギー源として体脂肪を使い始めるのです。つまり、食事制限や運動によってエネルギーを消費し続け、血糖値が下がった状態でないと次のエネルギー源である脂肪細胞にまで行ってくれないのです。

 

ということは、通常に食事を取っていれば糖分は次から次へと入ってくるため、ダイエットが成功しにくい原因とも言えます。

 

キャビテーションの脂肪分解の仕組み

キャビテーションで脂肪を分解する仕組み

それでは、次にキャビテーションでの脂肪分解のメカニズムに入りましょう。キャビテーションの場合は、身体の中で分泌される成分云々ではなく、物理的に脂肪を分解するという仕組みになっています。

 

超音波を脂肪細胞に当てた時に生じる共振動により、気泡を発生させます。それがはじけると脂肪が柔らかくなります

 

この分解力に関しては高い効果がありますが、1回で満足!という風にはいきません。何度か通う必要があります。

 

また、施術後3日間は特に脂肪分の多い食事は禁物です。折角施術したのに意味がなくなってしまうからです。日常ではなかなか減らない脂肪を直接減らすのが、キャビテーションのメカニズムです。

 

まとめ

こうしてまとめてみると、いかにダイエットが難しいかがわかりますね。人の欲のうち食欲というのは大きなものですから、お腹が空いた時に脂肪をエネルギーとしてくれているのはわかっていても、食べて補給したくなるものです。

 

また、極度に偏った食事制限だと体調を壊しかねませんし、兼ね合いが大切ですね。キャビテーションならこのような心配はないので、ダイエットの強力な助っ人と言えます。

気になるお腹や足もキャビテーションでスッキリボディに!